忍者ブログ
もっとスープカレーを食べたかった
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
SAKURA BROWN
琴似駅南側の最初の中道にある
店内は喫茶店というよりもバーっぽい雰囲気、
サイドにポテトとかザンギとかもあるので酒を飲む場所としても考えてるのかもしれない

スープはオリジナルと100円増しでココナッツが選べる
種類は一通りある感じで鳥豚エビベーコンソーセージと幅広い、
トッピング欄の順番的にソーセージがお勧めだったりするんだろうか
トッピングも結構100円以上の大物が多い、辛さは6番まで、5番から100円ずつ上がる
チキン野菜の4番にした

少し辛かったけどすぐ慣れる奴だった、辛さ上げると美味しくなるかは微妙な気がする
ちょっとした塩気とオイリーさを感じる、旨みもややあって
スパイス方面は強くないので喉越しは良い気がする
味自体は結構プレーンな印象で、エビの奴頼むとか
岩海苔とかトリュフオイルトッピングするとか味が変わる奴入れるとなんか面白そう

面白そうだけどお値段ちょっとお高めかなーと思ったら
ポイントカードが五ポイントでトッピング全種類無料とか
トッピングのクーポン貰って逆にお得感出してきて
小癪な感じでしたし会計時に店長が奥からわざわざ出てきたり隙がなかった

SAKURA BROWN
PR
AKATSUKI CURRY
西11丁目から南西、市電の区役所駅から一個西にある、入り口が小さいので分かりにくいかも
店内は落ち着いたカフェっぽい雰囲気で広くはない、
場所柄ランチメインなのか価格は900円からだし平日はもうちょい何かあるのかもしれない
メニューはチキンと豆腐とキーマ、角煮とか週末メニューで牛筋とかもあったけど
日曜休みなので土曜限定なのかもしれない
辛さは50番以降有料、100番までが基本ラインだろうか
ライスを減らす方にも細かく指定できるのが個人的にはありがたい
チキンDX40番のライス小にした

やや辛い、30番から始めたら良かったかも
スープはややオイリーでスパイスのパンチも強いし
旨味も結構あるしで地味にあまり見ない感じの中濃スープ、
中々飽きなさそうで近くにあるならちょこちょこ通うと思う
結構キノコが食べ応えあるのでキノコ系がお勧めかもしれない、その他は順当な感じ

暁カリー
▽Tree of Savior
一般的に言われるRO2、CBT2に当選してたので始めたらうっかり2週間ぶっ続けでやってた
レビューというには散らかってるので感想として見て頂けると

・プレイ方針
殆ど前情報見ずに始めたしその後も調べなかった、ソードマンクラスツリーを流し見たくらい
剣士系列の脳筋プレイでやる分にそこまで酷い目に合わないだろうと
ROで言うとS=A騎士くらいのノリでやってた、特に困らなかった

全チャで上位のインスタンスダンジョン募集流れまくってるのを見て
皆すげー進めてるなーと思ってたんだけど最終的にランキングは300位切ってた、
CBT2開始時は7000人居たはずだから6000人くらいLv100行ってないくらいの勢いだが
普通ワイプされるCBTに2週間毎日2,3時間もやらない気もする、あまり考えないようにしたい

 

・グラフィックと雰囲気
元々コンセプトが3Dをわざと2Dっぽくした、みたいな奴でキャラと背景は流石
キャラはROをでかくして、背景は聖剣伝説のLoMを3Dに作りなおしたみたいな勢い
キャラの動きは細かいし、表情も結構パターンあるし武器と盾全部グラあるし
3年だか4年だか作り続けてただけはあるなといった感じ

女アルケミの製造モーションで釜と机とぐるぐる回ってるのが良かった
後Wizのエナジーボルトが3回連続で使えるんだけど
3回全部ボイス違っててそれがすごい可愛いってTwitterで3回くらい言った

マップの作りこみも気合が入っててコピペマップはあまり見当たらない、
メインクエから外れたとこ行くと同じ地形見たなーみたいなのはある

BGMは評判良かった、グラナド・エスパダで賞取れなかったから本気出したとか
インタビューで言ってた気がするし曲数も各曲の長さもちょっとおかしい

・UI、操作性
Xbox360パッドでやってて特に問題無かった、PS4コントローラでも大丈夫だったらしい
それ以外のパッドだとショートカットがぐちゃぐちゃになってて
しかもジョイパッドのキーコンフィグは未実装だったので混乱してる人も居た

マウス操作は不具合があったらしいので結局他の操作モードは試さなかったし
そこまでストレスは無かった、メニュー開く度にパッド置いたりとか
チャットするには厳しいとかはあったが戦闘中って元々そんな話さないですしね

クエストマーカーも適当に配置されるので誤訳とかで迷う事も無かったし
すでにある程度問題ないレベルまで翻訳できてる、これはネクソンが頑張ったのかもしれない
クエスト完了時にBackspace押すと依頼者に一発ワープシステムが脳筋すぎる気はするが快適

・ボリューム
2週間で40時間くらいやってワールドマップの半分程度、
今回はレベル200がキャップで123まで上げた
経験値倍率は基本2倍で最終的に6倍まで上がったので、
大体4倍くらいの速度だと考えてもメインクエスト部分終えるのに2ヶ月で終わりそうもなく、
ID(インスタンスダンジョン)も2つしか入れなかった
基本的にクエスト追いかけてレベルを上げてくゲームであって、
ストーリーも世界を救う魔族との戦いなのでプレイ感覚としては普通のRPGに近い

・コンテンツの種類
クエスト、インスタンスダンジョン、フィールドボス、ミッションが今見えてるコンテンツとなる
ギルドが実装されたらギルドミッションとかGvGがあるようだが対人の旨味は無いとか
クエストは基本的にソロでもいける、3人PTなら余裕

IDはPTで侵入するので最大5名、十分なレベルなら4人でもいける
ID内はいつもの敵が大量に出てくるがHPが数倍になってるのでわりと別物、
現状では派手に範囲攻撃をブチかますコンテンツになってて単純に爽快ではあった

フィールドボスは10人以上で殴るのを想定してそう、
居合わせた3人で戦ってたら2時間くらいかかりそうだった
ただ馬鹿みたいなATKにはなってないので普段の狩りで見かけたら全チャに流して
最初から最後まで戦闘に参加してればお零れを貰える、ソロでも3,4回ドロップ拾った

ミッションはIDをクエスト形式にした物な印象を受けた、
ソロで入ったら中ボス15分くらいかけて倒したし
その後にすぐ同クラスのが2体同時に出てきたし
中ボスを倒したら最後のボスがでます!とかアナウンス流れて切れて止めた

・クラスビルド
最初の剣士、弓手、Wiz、僧侶からTierが上がるごとに2クラスごと増えてく
今は一度通ったTier帯は自由に移動できるし、同クラスを再選択してスキル向上を選んだとしても
Tierは上がって次に飛び級できるのでかなり自由なスキルの組み合わせができるようになってる
ID臨時PTに入った時は毎回面子のクラスが違うのでかなり新鮮にプレイできた、
ここまで細かいと野良で鉄板構成とかは減るかもしれない、
実際ID2つ目までは盾とヒーラーさえ居れば後は誰でもいいくらいのノリだった

IDで見た連中を見るに今回プリーストのラインが結構強い、
普通にIDで盾張ってるし自分で回復するし頼もしい奴らが多い、バケツヘルム被るタイプ
一応俺も避けれるんだがIDの魔法食らうと必中だしHP7割消し飛ぶので
大人しく後ろからBB撃ってた、BBとても強い

・アクション面
剣士でやる分にはボスの周りを走ってジャンプして避けて殴るイースっぽい戦いになる
Dex振って避けれるようにすると普通に棒立ちのままぶん殴って終わるボスも居たりする
それ以前に2,3人でPT組んでると特にメインクエでは苦労しないバランスだったりする、お手軽

スキルの倍率とクールタイムが両方多いのでボス戦は時間を稼ぎながら
スキルが使えるようになったら一気に全部叩き込むような爆発力がある展開になるのは面白い所だった
逆に雑魚はスキル使ってお座りして回復してみたいな事ができるのであまり苦労する事は無い

ボス戦でのスキルラッシュもそうなんだけど、
雑魚を倒す度に残骸とドロップがズバーンと弾け飛ぶのが爽快、地味にこれがポイント高い
レアドロが有ったら効果音まで鳴る

・製造とマーケット
Mobがドロップする製造書さえあれば製造が誰でもできる、
各アイテムにはポテンシャルが設定されていて、
ポテンシャル内でスロットを拡張したり精錬失敗のマージンを得たりする事ができる
このポテンシャルがトレードやマーケットを経由する際にも減る、
買った装備は過剰精錬には不利だし、使い終わって売る時の価値も下がるし
いずれ市場から消えるようになってるのが面白い所、過疎るLv帯があると厳しそうだが

つまり装備を自分で集める動機付けがされてる、
製造時に名前と説明も付けれるのでマーケットに流す時用に変なテキストを入れよう
身内に装備渡したい時は製造書と材料渡せばいけるのでPT狩りでも安心

・狩りについて
レアドロップはモンスタージェム(スキル強化効果)、製造素材、装備らへんになる、
製造書と装備がプチレア、ジェムがROでいうカード、
レア素材はピンキリ、ジェム並にレアな素材もあった
ゴミジェムもその他ジェムの強化に使うとかなりEXP入ってどれもそこそこの値段で売れて嬉しい
倉庫も狭いのでこれは市場を活性化させたい意図なのかもしれない

頭装備も健在でレア掘りはROと同じ程度にはできる気がする、
チャンネル制なので狩り場の混雑もいくらかは緩和されると思うが
過疎マップは複数Chなさそうでどうだろう、
定番の人気マップを状況に応じてちゃんと切り替えてくれるなら結構快適そう

・パーティー機能
まずPTを作ってその辺歩いてるとクエスト進行とかレベル帯でこの人を誘いましょうとか
ポップアップが出る、自分が入る側でも通知設定できる
また、全チャに送って全チャからワンクリックでPT加入とかもできるので
IDの募集とかは割りと速攻埋まったりする、

クエストPTの募集は全チャに送ってもそんなに来ないんだけど
ソロPTでそれっぽい名前にしてたらダンジョンですれ違った人が入ってきたりもした
自分から入った時は全部全チャ募集だったので通りすがりのに入る方法は分からない
クエストの共有も一応できるし(よくバグった)、分配設定も細かくあるので
わりと気軽にPTを作らせたがってる気はする

・ROと比較して
避けては通れなさそうなので触る
剣士でやった感じ普通にDex振って避けて殴りっぱなしで進めることもできるので、
たしかにROっぽい狩り方はできる(Dexで回避と命中が上がる)
けどSP回復も結構早いんで基本スキル狩りだし、
移動による回避を推奨してるバランスなのでアクション性はかなり上がってる

逆にROと違うのはメインクエの存在、マップに推奨レベル書かれてて
レベルによる経験値補正もキツめで、寄り道があるとはいえ、進行はほぼ一本道となる
この辺は最近のMMOっぽいのかもしれない、ID周りのこなれた感じとかもあって
他のMMOの良い所もちゃんと吸収してる気はする、他のMMOはあまり知らない

一番これROだなと感じるのはキャラクターのグラを始めとした全体的な雰囲気だろう、
ProjectR1と言われて十分に納得できる空気はできてると思う

・全体
シンプルなメインクエスト、腐るほどあるサブクエスト、気軽なマーケットと製造、
20分くらいで終わるインスタンスダンジョン、そこそこエグいドロップ率と
ソロプレイでも気楽にかなりの領域にアクセスできるゲームになってた

鯖落ちでクライアントが固まるとか怪しい挙動はあるけど
細かいバランスは置いといて殆ど出来上がってる状態で、
ずっと情報出さずに開発してた癖にここまで作りこんでるとは思わなかったので驚いた、
今でも普通にプレイしても良いレベルでしたね

最終日にメインクエ切り良いとこまで進めたいなーとPT作って募集してたら4人集まって
全員分のサブクエスト全部埋めたりして3,4時間ぶっ続けでやってて
OBTでまた会いましょうね!とか言いながらPT解散した後に
フレンド登録飛んできたりして何か久しぶりすぎる感じで今ちょっと辛くなってる、
野良で組んだ連中全員20代中盤越えてそうな感じを受けたのも拍車を掛けてる



去年

去年の時点でCoDとDayZがお亡くなりになってしまったとか書き出しててDean?
みたいな感じで今年も12月です、CoDは生き返ってた

今年は何か結構のんびりしたペースで変なゲームやったりしてたので
不作感とかは無かった気がする、その代わりずっとこれやってたみたいなのは無くて
どちらが良いのかは怪しい感じだ
▽クリミナルガールズ
PSPlusで落としてあったのを始めて4カ月くらいかけて進めてたのが終わった
発売当初は声優好きならお勧めみたいな雑な話しか聞かなかったんだが
いつだったかねりうむが結構お勧めしていたのは覚えていた

クリアしてみるとたしかによく出来てる、ガワで損をしてる気がするが
そのガワありきのシステムがよくできてたので難しい所かもしれない

・システム
基本は普通のコマンド選択式RPG、ただしコマンドは戦闘に参加する4名からの提案となる
自由にできるのは1ターンに1回ずつのアイテムの使用と交代、
それを駆使して4名分のわがままから適当な指示を選ばなければならない

かなり不自由に聞こえるのだがやってみるとそこまでストレスは無い、
戦闘の経過時間や弱点属性などを各キャラが考えた結果を出してくるようなイメージで
開幕時の選択などはある程度収束する、雑魚は全体攻撃で1ターンキルで済む事も多い
敵が溜めた時などクリティカルな状況もキャラさえ出てれば確実に対応策を選択してくれる、
が、終盤の溜め攻撃は今まで頼りにしてた全体防御を貫通して全滅したりして
パターンを逆手に取った殺しもしっかり入れてきてそこそこ考え所は多い

また、全行動に台詞がついている、スキルではない普通の同時攻撃にも割り振られてて
時系列ごとにメンバーの仲が良くなって結構な勢いで更新される
鉄板構成気味な面子でやるとあまり気にしないのだが
階層切り替わり時に色々構成を練り込んでる時に変な台詞が出てきたりする、
この辺は声ゲーとしてよく作ってる所だろう

ただ声ゲーのせいか戦闘演出がスキップできなかったり
普段の移動がダッシュできなかったり微妙にUI周りストレスが溜まる、慣れるまで辛い

・バランス
メーカーが日本一なのでやり込み系かと思われるもんだがその辺は特にない、
基本的には規定レベルの中で編成をどう組むか、ボスをどう凌ぐかというのに集約される
初代ディスガイアとかアイテム界使わずに進めるとかなり熱い感じだったんですが
その空気を思い出した、結構死ぬしアイテムもめちゃくちゃ使うしで
実は適度な歯応えというのを作るのが得意なメーカーなのかもしれない

・おしおき
主に宣伝されるお仕置きパート、スキルを覚えるのに必要
当ゲームにおける最も面倒なパートである、
スキルを覚える為に階層進めるたびに毎回全キャラ合計1時間くらい
お仕置き部屋に居座る事になるし、終わった後はキャライベントが発生して
前階層に戻ってボス戦なりおつかいなりを消化する事になる
ミニゲームとしても地味に歯応えがあったりして作業的に繰り返すのは厳しい感じで、
あんまりご褒美要素として喜ぶ感じではない

・シナリオ
半罪人の小娘を地獄巡りで更生させて生き返らせる話だ
罪を犯す前に死んだとかそんな感じだった気がするんだが
その割やる事やって落ちてる奴も居たような気がする、
まあ大体友情物と思って頂ければ問題ないと思う
お仕置き以外にはそんなにセクシャルな話は入ってこないので
その辺もあまり心配しなくても良い

導入は物凄い雑にクソJKトークみたいな感じで入ってきて辛いのだが
地獄巡り三層目あたりからどんどん話が重くなってきたりするし
終盤の盛り上げ方も結構しっかりしてて
思ったよりJRPGとしてしっかり見てもよろしいのではないだろうか

・全体
難点、というか好みが分かれそうな尖ってる部分は
お仕置きパートで宣伝されてる事によるセクシャルなイメージだと思うんだが
逆にその餌に釣られちゃう人だったらそこは問題にならないので適当に釣られて欲しい、
最初5時間くらい辛いと思うからUI改良されてる
クリミナルガールズ2からやってもいいかもしんないです、俺は一昨日に始めた
メイズランナー2はクソ女映画としてかなり高得点だった
今回は迷宮から脱出した後にとにかく逃げ続ける話になる、
3分の1くらい走ってるか歩いてるがロケーションも今回はどんどん変わって
展開も早くてジェットコースタームービーとして見てると楽しい、
前回みたいにサスペンスっぽい雰囲気は無くなったので
純粋に良質クソ女入りアクション映画として見ると良いです

シャイニングはスティーブンキングが超嫌ってるキング原作映画
冬の間ホテルに住み込みで管理人をする家族だが
そのホテルでは昔管理人が狂って家族を皆殺しにした過去があり
超能力を持った息子はホテルに潜む悪意を鋭敏に感じ取るのだ
基本的にちょっとアレなホラー映画として見て良い気がする、
母親の言動が酷いがパパの壊れ方は中々怖い所あるし
ホテルの雰囲気も良いし斧でドア壊すシーン自体は悪くなかった
色々面倒な考察もできるらしいが
単純に見たらぶん投げエンドなのでそこまで気難しく見なくても良い感じだ

ザ・ベイは寄生虫でアメリカの田舎町が壊滅する
事後に当時の映像を当事者が確認して振り返る構成である為、緊迫感は特に無い、
寄生虫にじわじわ殺されていく楽しい独立記念日映像が中々来る物がある
全部固定カメラ映像だしシナリオ構成その物がドキュメンタリー仕立てなので
テレビで夜7時くらいから始まる衝撃映像番組のグロい部分を
延々集めたような感じと考えて頂けると間違い無いと思う、
それが娯楽番組じゃなくて監督の思想の番組になってるって感じだ、
パニックホラーとかスプラッタな感じを求めてるのでなければお勧め

ザ・デイは最終戦争で文明壊滅する、した後の話
ざっくり言うとザ・ウォーカーの日常編みたいな感じだ
人を食ったりする世界で主人公達が人食いから逃げてるが
とある民家で罠にハマって地獄の一夜が始まる感じ
わりと速攻ドンパチが始まってサバイバルパートはそんなに長く無かった
コミュニティ内の喧々諤々は結構上手く入れ込んでるし
映像の白黒っぽい演出とかも良く出来てて
話自体は単純な構造なんだが結構インパクトのある映画だった
設定分からんってレビューも見るので世紀末あるある分かってた方が良いかもしれない

ディバイドは謎の爆発でアメリカが壊滅する、地下の話
地下に逃げ込んだら謎の防護服が乗り込んできたという話のはずだったんだが
実際は地下で断絶されたコミュニティが狂気の王国に変貌していくというのを
やりたかっただけにしか見えないので注意したい、若干予告詐欺だ
狂気の王国パートが何かスラムっぽい、
地獄の黙示録みたいなお洒落というかどこか神聖な空気とかは一切ないので
見る時のテンションによってはかなり凹む、
グロいウォーキングデッドみたいな感じだ

ブランデッドは電子広告にまみれたディストピアの話
だと思ったら普通の現代レベルだったし
主人公が途中で広告に隠された間の悪意を感じ取れるようになって
怪獣映画になったりして何か途中で舵取りを間違えた感じだ
営利広告批判怪獣映画という単語に魅力を感じるならどうだろう

コードネーム u.n.c.l.eは何か昔のドラマをリメイクした奴らしい
CIAとKGBの腕利きが協力してナチの陰謀潰すという話だが
KGBのエースが挑発されたら割と速攻切れて殴ったり
走ってる車に追い付いてボンネットもぎ取ったり
スパイというよりナチスに改造されたタイプの人間ではないかと思われた
CIAの方は元詐欺師のプレイボーイなんだが
あまり口が上手いようには見せられていなかった気がする
どちらも単独の見せ場シーンとしては微妙なのだが
エージェント同士の掛け合いに隙有らば真面目に笑える感じのが入ってきて
基本的に場面の展開が早いのと合わせて見ててダレる感じが無い
爆発力はそんなに無いのだが良質でお勧めな感じだ
BuzzCurry花車
結構昔からあったような気がする花車をこの間偶然見かけて入ったら美味しかった

場所はヤマダ電機の西側らへんの中道
店内はそんなに広くない感じだが落ち着いた雰囲気の店内とBGMのお陰か
あまり狭っ苦しくはない、席数も結構あるんだが
ルーカレーと餃子もある、スープの辛さは20番までで4-20が激辛、5番のチキンにした

一口食べて甘さが来た、スリランカ系のはずなんだが甘さが最初にきた、
辛さは弱くなくて喉に残る感じだが五番なら水無しでもさくさく行けてちょうど良かったかも、
甘さがあるせいで辛さを上げるとどんどん美味しくなりそう、
同時にダメージの上がりも早そう、慎重に上げたい

野菜が少し冷たかったりしたがそれ以上にスープの衝撃の方が強かった、
スリランカ系好きな人は一度食べてみると面白いと思う
メニューの種類も地味に多い、餃子も結構推してる感じなので
その辺合わせても良さそう、これは冷たくないだろうし

BuzzCurry花車
ZORA
何故かスープカレー屋のZORAで始まった平日限定のクリームシチューを食べてきました
数量限定で今は火曜~金曜だった気がする、月曜と土日はたしか油そばやってる

話に出た最初の頃は認知されてなくて結構余ってたらしいけど
最近は売り切れも結構あるとか、この日は二人分頼めて運が良かった
シチューその物はかなりドロドロしてる濃厚な奴で
普段レトルトを結構伸ばしちゃう人としては新鮮だった
付け合わせのマッシュしたカボチャとサラダも満足度高いし
何より焼き立てのパンが美味い、パンの事しか覚えて無いと言っても良いくらいだ

シチューの肉はベーコンで満足感もそこそこ、気分を変えたい時は良いかもしれない

ZORA:シチュー
▽Halo5
やっとXboxOne向けに本社が本気出してきた第1段Halo5、
なんか上手い事行って実績1000まで取れたけど
やっぱOneは1000にしてもリワード出ないから寂しい

・システム
キャンペーンは4人Fireteamで進行するので4人Coop前提となった、
友達がいない場合はNPCが3人常に付いてきてくれるが、
Coopでやると敵が馬鹿みたいに強くなるのでNPCは大変残念な事になる
ソロでやる分には結構頼りになる、
今回もソロでレジェンダリー実績があるので良い武器を持たせておきたい

後はいつものロードアウトとかは廃止されて一律同じアーマーアビリティになってる
マルチもキャンペーンも空中での一時停止、空中からの床ドン、ブースト、タックルができる
まあ混乱も無いしマルチプレイもシンプルになってこれは良かったのではないかと思う

・難易度
実はソロでやる分には下がっていた、
NPCに武器を渡す方法が今回から変わってるので混乱するが
ちゃんとノックバックとか即死する武器をNPCに持たせておくと結構余裕ができる
CoopはNPCも自分も即死するし
レジェンダリーの復活時間はかなり長いので多分4人居ないと厳しい
一回ソロレジェンダリー終わった後にコレクタブル集めにアドバンスでやったら凄い楽しかった

・シナリオ
Halo4からかなり飛んでる、チーフはいつの間にか昔の相棒と合流してるし
チーフを追う連中のリーダーは実写のNightfall関係だし
ODSTのキャラが混ざってたりするしWiki見ても皆混乱してた
シーズン3まであるはずだったHalo4のSpartanopsが打ち切られたせいかもしれない

まあプレイ中の話自体はコルタナを取り戻そうとするチーフと
その為に任務放棄し出すチーフをぶん殴るスパルタンロックの話なので大筋は問題無い
最初は洋ドラっぽい感じかと思ったんだがフォアランナー勢力が絡んでくると
アクション映画っぽい感じに戻ってきた気もする

前宣伝では結構チーフの話が多かったんだが実は新キャラのスパルタンロックが主人公で
これチーフいらなかったのではレベルで最後の方はちょっとはっきりしない感じだ、
元々三部作とは言ってたけど今回の話単体としては全くスッキリしなくて
Haloユニバースを広げようとして急ぎ過ぎたのでは?
四部作にしちゃえば良かったのでは?みたいな感じだ

・マルチプレイ
狭い、今回はeSports重視だ!とか言ってたけど狭いし配置武器も最低限といった感じだし
配置武器が背景と同化してるとこが多くパッと見分からないので初心者は凄い勢いで死ぬ
多分マップを覚えた状態同士の戦いの事を考えて
ストイックなeSports物として言ってると思うんだけど
CoDのMW2~BO2とかよりマップ狭いんですけど大丈夫なんですかねこれ、
ゲームスピード早すぎて皆ついていけないのでは

マップの構造もブーストを使うようデザインされたのか派手な高低差は無い、
飛んでブーストかけてよじ登る感じで
Reachの頃みたいにハッキリ階層が分かれて無いのも特徴的、
つまりどこに居てもよく撃たれる

eSports競技を目指したアリーナとは別にWarZoneモードもある、
こっちは従来のBigTeamBattleよりさらにでかいマップで
ボーナスチャレンジ重視の拠点占領をするモードだが、
何故か配置武器が一切無く試合の進行度に応じてアンロックされるポイントを使って
自分で武器を申請しないと一生アサルトライフルとハンドガンで戦うモードとなっている
装備の申請にはポイントとガチャを回して手に入れた使い切りのカードが必要、
ガチャを回すには最低ランクでもWarzoneで1戦、
アリーナで2戦必要なので適当に節約しないと使い切る事になる、
これのせいで特定の対戦モード以外は「効率が悪い」とか言い出す奴が居て不健康な感じだ
課金すると一週間ごとにガチャのパックが何個か貰える、焼け石に水な気もする

参加人数が多く、陣地間は平地が多い為一人でどうこうできる状況は初期装備では少ない、
ガチャ武器を使わないと遠距離でバトルライフルでパシパシ削り合ってたら終わったりするので
これのバランスは中々難しい所では無いかと思う、
ショットガン持って拠点防衛で籠るとかやりだすと楽しいので遊び方の幅はたしかに広い

BigTeamBattleも最近復活した、がやっぱりマップはちょっと狭い
狭めのマップで中人数で泥沼デスマッチみたいな感じで
やっと何も考えずにできるモードが来た感じだった、最初からこれで良かったのでは

・全体
マルチが初心者殺しだったりWarZoneの遊び方が人を選ぶ感じだったり
実績的にも長期間やらせる物が無いのでマルチプレイが楽しくなる前に人が離れやすい感じ、
キャンペーンについてもシナリオが色んな媒体に散らかりすぎて気が散るし
これ単体で評価できる内容では全く無かったのが残念、
どうも全ての要素に対して実験作めいた雰囲気を感じる

コルタナとハルゼイの感情パターンの類似性とか
個人的に好きなエピソードは多かったのでそこまで印象は悪くないのと、
今回話を広げちゃった割りにHalo6の話はかなりストレートに進みそうなんで
次はあまり心配してない
マルチプレイだけはもう少し何も考えずにお祭り寄りで出来るモードが欲しい所だ
ポレポレ
老舗スリランカカレー屋のポレポレに行ってきました
南郷13丁目から歩いて20分ちょい、帰りは18丁目まで行ったら15分くらいだろうか
大通りに面してるし建物もでかいし迷う事は無いけど車で行くの推奨な感じ

メニューは「スリランカカレー」とその他いろんな具材の奴、
「スリランカカレー」がいわゆるチキンカレー枠で具材も普通に入っててお安い感じ、
辛さは100番までとそれ以上があって20までがちょい辛、
30中辛、80激辛とかそんな感じで書いてあった、30と80の間は一体

スリランカカレーの50番で頼んだ、辛かった
無理では無いんだけど気軽に食べたいのは40番らへんだったかもしれない、
メニュー表からは一つ割り引いた評価で辛さを選ぶと良いです、
同じ番数だとPULU2よりキツイかも

スープ自体は旨みもしっかりあって
お勧めできるタイプのあっさり目のスリランカカレーだった、
チキンと野菜の感じも柔らかめだし
半熟玉子とかヨーグルトとかで味が変えられたり楽しみもある、
玉子は冷たいので常温に戻してからか入れたらスパッと行った方が良いかも

そのバリエーションの代わりセットの値段が1700円からと結構するので
老舗って事もありしっかり作ってしっかり取る構造ができてるんだろう
セットメニューにするとサラダかデザートが付くけど、
ミニサラダなんでデザートにした方がいいかも
デザートはスコーンとプリンとシフォンケーキが選べた、プリンの評判が良かったです
デザートは150円で追加注文もできたのでそっちでも良い

後食べ終わった後にスタンプカードに今回食べた辛さ書いてくれたり
店長の人柄ができてる感じの店でもあった、続いてるのも納得できる感じだ

ポレポレ:スリランカカレー
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
HN:
ACCELE/sntk
性別:
男性


Raptr
Raptr Gamercard
Twitter
市中引きずり回し
DLSite
Comments
[09/08 sntk]
[09/06 すーえい]
[06/01 sntk]
[06/01 ちこり]
[05/11 sntk]
Trackback
Mobile
Search
Archive
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]